平成30年度秋季文化講演会開催しました。

日時 平成30年11月10日午後2時より

場所 奈良県護国神社参集所

1. 宮田副会長の挨拶

2. 講師 大神神社 広報課長 主任研究員 権禰宜 山田 浩之 氏

    演題 「古代の道と大神神社」

3. 閉会挨拶 南部公民館館長 大神神社」奥田 保枝

共催 奈良市生涯学習財団 南部公民館

後援 奈良市 奈良市教育委員会

講演される山田講師

◎日本古代道についての従来の考え方、世界の古代道と日本古代駅路との比較、など資料を交えながら講演いただきました。

日本の古代駅道の広さに驚き、なお、古代道路(駅道)は地域計画の基準となり、伝馬路・伝路はさらに古くからの道と推定され、その近傍に三輪神が祀られていることに驚かされました。

平成30年定期総会と講演会開催しました。

 

平成30年定期総会次第

日時 H30年5月7日2時より

場所 奈良県護国神社参集所

第1部 総会行事

1.開会あいさつ 村上会長

2.来賓紹介とあいさつ

3.議事

(1)26年度事業報告

(2)29年度会計報告.

    監査報告

(3)30年度事業計画・予算案

(4)役員改選

(5)フォトコンテスト

   入賞者表彰

第2部 講演会

講師 正暦寺住職大原弘信師

演題 「笑いと佛教

 説話文学 沙石集を読む」

閉会挨拶

第二部でご講演の正暦寺 住職 大原弘信 師

山の辺の道「奈良道」を往来したであろう「一円 無住 師」の生い立ちから、説話文学「沙石集」を説話の紹介しながらのお話に、会場からも、笑いが起きる楽しいご講演でした。